エドゥアルド・ブランコ・メンディサバル氏「第二回ヴェルム”ワインと収穫”写 真コンテスト」で受賞

Comments (0) ニュース, イベント

Viñedos sostenibles. Autor: Eduardo Blanco Medizábal

コレリャ(ナバラ)のエドゥアルド・ブランコ・メンディサバル氏の写真「持続 可能なブドウ畑」は、「 第二回ヴェルム”ワインと収穫”写真コンテスト」で一 位に。ベルミランス(ア・コルーニャ)のホセ・ルイス・ヒヒレイ?・ゴンザレ スの「巻きひげの涙」が 二位、タランコン(クエンカ)のホセ・ラモン・ル ナ・デ・ラ・オッサの「レイトハーベスト」が三位に輝きました。

「持続可能なブドウ畑」写真:エドゥアルド・ブランコ・メンディサバル

今年で二年目になるヴェルムオーガナイズ「ヴェルム全国写真コンテスト”ワ インと収穫”」は、写真芸術と、”ワインと収穫”を融合させ関連づけ ることで、 ワイン文化と伝統を広めたいという目的で開催されました。

今回、コンテスト参加者は97人、送られてきた写真の数はなんと389点に達しま した。

優勝者のエドゥアルド・ブランコ氏は700€、二位は 250€、三位は150€を 賞金として授与された上に、それぞれにサイン入りのヴェルムのワインも贈られ ました。

「巻きひげの涙」 写真: ホセ・ルイス・ヒヒレイ・ゴンザレス

また、審査員から選ばれたその他27点のファイナリストの作品が、受賞者の作品 と共に、巡回展の為に選ばれました。

巡回展のイナグレーションは、9月25日(金曜日)20時から「ポサーダ・デ・プ ロキシモ・トメジョーソ」で行われ、10月10日(土曜日)まで 一般公開されて います。

展示されている受賞写真とファイナリストの写真は、これからスペイン各地で紹介されます。

審査員は、コンテストの作品のレベルがとても高かったと讃えています。写真は最大30の異なる地方から応募され、スペインの全域での関心の高さを感じさせるコンテストになりました。

「レイトハーベスト」写真:ホセ・ラモン・ルナ・デ・ラ・オッサ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です